スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いっぱいお願いごと。
皆さま、その後、いかがお過ごしでしょうか

まだ、お水が手に入りにくかったりはしているけれど、
都内の方は、段々と、いつも通りの生活になってきているように感じています

避難所の方たちも、まだ大変なことには、変わりはありませんが、
必要なものなどが、少しずつ変わってきているそうです

みんなそのまま津波から命からがら逃げてきて、何も持っていないだろうから、
朝晩のスキンケアをするたびに、被災地の女性は、どうしているんだろう。。。
などと思っていました

そして、食事もままならないだろうから、栄養も行き届かず、
くちびるや手もカサカサになっているんじゃないかな。。。

それどころじゃないとは言っても、今までは、みんな、そうしたケアを
あたし達と同じように、やってきた方たちです
気にならないワケはありません

けれど、優先順位的にも、そんなスキンケアグッズなんかは、
当然、後回しに決まっています

そんな中、以前もGoogleボランティアを教えてくれた、
とても意識の高いお友達、きょぴちゃんから、またしても情報をいただきました

同じ女性だからわかる、
『女子としてあったらうれしいもの、元気になれるものを被災地に届けよう!』
という趣旨のプロジェクトがあるそうで、彼女もメンバーとして参加されているそうです

集めているものは、

化粧水
乳液
ハンドクリーム
ボディクリーム
リップクリーム
ヘアブラシ
シュシュ
バレッタ
ヘアクリップ

などのほかにも、鏡や、化粧ポーチ、毛抜きや、
メイク用品などなど

未使用のサンプルなど、女性なら結構持っていると思いますので、
そういったもので大丈夫です

コレは、あたし個人の考えですが、元から小分けされていれば、
それだけ多くの方に、そのまま配布できるので、
ボランティアの方たちの手間もなくて、
かえってサンプルなんかの方がいいのかもしれません

それから、特に小学生ぐらいの女の子たちが、喜びそうなもの

ヘアアクセはもちろん、キャラクターグッズなどのかわいいものとか、
ちょっとしたぬいぐるみみたいなものとか色えんぴつとか
あたしには、よくわからないケド、
そのヘンは、ママたちには、お手のものかな??

あと、下着や靴下なんかもあるとうれしいです
これは、子供も大人もです

以上のものを募集させていただきたいと思います
一人一人は少しでも、集まればかなりの量になると思いますので、
これだけじゃ。。。などと思わず、ご協力ください

もし、ご協力いただける場合は、あたしまで、一度、ご連絡ください
こちらのPJは、長期で活動していただけると思いますので、
今のところは、あたしの方へいつまでに!というひにち設定はしていません

よろしくお願い致します!

先ほど、百均で買ってきたものと、わが家にあったものを集めてみたので、
ご参考までに、画像を載せておきます

PJ.jpg



それから、避難先で、ペットと一緒にいることが叶わない人たちのために
少しでも多くの避難所と仮設住宅で、ペットと一緒にいることができるように

災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名


をお願いします

こんなつらい時だからこそ、ペットと一緒にいられることが、
どんなに癒されるかわかりません

こちらをよく読んでいただいて、メールにて、
お名前とご住所をお送りいただければ、代筆してくださるそうです
ご丁寧な返信メールもいただきました

4月27日(水)までなので、よろしくお願い致します!

899822331_20.jpg


スポンサーサイト

ぼらんちあ。
地震から、一週間。。。
毎日、揺れている東京です。。。

揺れていなくても揺れてるような気がするかと思えば、
本当に揺れていても、また気のせいかな、と思ったり。。。

まぁ、たまに、気のせいとは思えない揺れも来るのだけれど

都内は、買占め旋風が起こっていて、
あたくし、トイレットペーパーが、1ロールしかストックがなく、
本当に必要だったにもかかわらず、
数日に渡り、数軒まわっても売切れで、ちょっと危機感を感じました。。。

最後には、お鮨屋さんが雑貨を仕入れている穴場なお店を紹介してもらって、
なんとかGETできました

ほんと、買占めとか、やめて。。。
あなたのおうち、あるでしょ、いっぱい。。。

そんなことより、節電の方、よろしく頼みますよ

今、会社は自宅待機となっていて、木・金とお休みでした

きのうは、大規模停電になるかもというので、
電車もすごい混みようだったみたいなので、
自宅待機でよかった。。。

今のところ、なんとかいろいろな危機をうまいこと回避できています
ありがとう、神様!

自宅待機で手持ちぶさたなところに、
最近仲良くなった、とっても女の子らしい憧れのお友達、きょぴちゃんから、
ボランティアのお仕事を教えてもらい、せっせこ作業しています

Googleの、避難所の名簿画像から、
まず、データをテキスト化する作業

そして、そのテキスト化されたデータを、
パーソンファインダー(PF)に登録する作業
*コレは、名前を入れて安否情報を検索できるというシステムです

この2つをするボランティアです

最初は、なかなか未作業の画像が見つからず、
かなりな時間を費やしてしまったのだけれど、
慣れてくるとタイミングを見計らって、GETできるようになりました

でも、手書きのものを携帯で撮影したりしているので、
なかなか判読も難しく、かなり時間を要します

特にPF登録が、既に登録されていないかチェックしながらの作業なので、
なんだかんだで、1時間ぐらいかかってしまいます

やってみたい!という方は、ぜひ、コチラから
Google Crisis Response ボランティア

やり方をよく読んでからやらないと、二度手間とかになって
怒られるので、気をつけてね

特にテキスト化の仕方ね

書いてあるのそのまま写してもダメなのでね
あたしは、一回目、名簿、そのままテキスト化して怒られましたw

それにしても、こんなすごい数の人が被災しているのかと思うと、
ちょっとクラクラしてしまいます。。。

早く皆さんが、大切な方達やペット達と再会できますように。。。

061010_2324~01

Pray for Japan!!
地震発生から、今、約48時間。。。
本当にこんなコトが起こるなんて、夢にも思いませんでした

地震発生時は、あたしは、12Fにある、銀座のオフィスにいました
いち早く、地震には気づいたのですが、一向に揺れがおさまらず、
どんどん揺れは増す一方
最後には、円を描くような揺れになり、椅子に座っていても動いてしまいそうに
なるぐらいの大きな揺れになりました

この一回目の揺れの後、オフィスの窓から、お台場方面に肉眼で、
ものすごい量の黒煙を確認することができ、大変なコトが起こったんだと、そのとき実感しました
すぐに、速報で、それが、東京テレコムセンタービル付近の火災だということを知りました

その後も、余震がものすごく、今までもTVで、大地震のあとに、『余震が続いている』などの
報道を観ていましたが、こんなにも余震がすごいものだとは、想像もしていませんでした

心配なのは、家に残してきたぼっちゃん。。。
わが家の食器棚は、地震用のストッパーなどがついているものではないので、
きっと、食器が全部落ちて、破片だらけになって、それを踏んでケガをしているのではないか、
どこかの隅でおびえて震えているのではないかなどと心配は尽きませんでした

夕方になり、終業時間になったものの、電車は不通

会社で、ハイヤーを手配しようと、連絡をしてくれましたが、
電話がなかなかつながらず、ようやくつながっても、出払っていて、
信号もダメになっていて、渋滞がひどく戻ってこれないとの返事

どうしても帰りたければ、歩いて帰るしか道はなさそうでした

とりあえず、電車の運転再開を待つにしても、歩いて帰るにしても
何か食べておいた方がいいだろうと、車が確保されていて、すぐにでも帰ることができるのに、
社長が提案してくれて、そのまま歩いて、別会社で経営しているお鮨屋さんへ行くことに

12Fから1Fへ降りるのも一苦労
特にうちのビルは、天井を高く取ってあるので、階数の割りに高さがあるのです

外に出ると、家まで徒歩で帰ろうとする人たちが大勢行き交っていて、異様な光景でした
コンビニの食料品はほとんど売り切れてしまって、閉店するお店も

お鮨屋さんは、キャンセルでガラガラかと思いきや、
徒歩帰宅中の団体さんなどが入ったりして、意外とにぎわっていました

食事の後、再び12Fまで階段をのぼって、オフィスに戻り、
交通情報などを確認したものの、未だ不通

ひとまず、社長車に同乗して、そのまま社長のお宅に泊まってもいいと言って頂いたのですが、
乗る寸前に、なぜか、駅に行った方がいいような気がして、止められたものの、
あたし一人、そこでみんなを見送り、新橋駅へ向かう

駅に着くと、通路はたくさんの人であふれかえっていて、
ホームレスさながらに、新聞などを敷いて座り込んでいる人たちが大勢いて、
これは、一人、駅に向かったのは失敗だったかもしれない。。。と、心細く思いながら
浅草線へと向かうと、なんと、浅草線は改札のシャッターを閉めていて、
一瞬、途方に暮れてしまった。。。

ところが、よくよく見れば一箇所だけ、シャッターが開いていて、
沢山の人がいたにもかかわらず、なぜか、スーッと入れてしまった!
そして、そのまま、人は大勢いるのに、ホームまでスムーズに行くことができ、
たまたま来た電車に乗り込むことができて、しかも座ることまでできてしまった!!!

電車は、その後も、ほぼ普段どおりに進んで行き、大して遅れることもなく、
最寄り駅へ到着!!

奇跡!!!

そして、マンションに辿り着くと、やはりエレベータは動いておらず、
階段をのぼって、部屋に行き、玄関を開けると、
いつも通りぼっちゃんが、走り出てきました!

足など確認してもケガをしてる様子もなく、怯えている様子もなく、
いつもと同じぼっちゃんの様子に、心から安心しました

家には、花瓶などいくつか置いていたし、食器棚も先述の通りなので、
覚悟を決めて部屋に入ったのですが、花瓶の水すらこぼれていない状態

本当に、奇跡!!!
心から、サポートしてくれたすべてのものに感謝しました。。。

あたしの地震当日は、こんなカンジでした

今回、ものすごくやっていて良かったと思ったのは、twitterです
電話もメールもつながらない中、いち早く、友人達の安否を確認でき、
たくさんの情報も入ってきました

揺れが続いて心細い中、友人達とtwitterで会話して、励ましあえるというのは、
本当に心強く、何度もお互いの存在に感謝し合いました

さらに、日本国内はもちろん、海外の方からの励ましの声も聞け、
節電運動などの呼びかけもあったり、阪神大震災の被災者の方などから、
的確なアドバイスがあったり、募金の呼びかけがあったりと、
みんなが一丸となって、この状況に立ち向かっているのがわかりました

時々、こんなことがありましたという、心あたたまるエピソードがあって、
思わず、感動でもらい泣きしてしまいます

知らない番号の国際電話が、何度も何度もかかってきているので、
最初は取らずにいたけれど、出てみたら、
誰か日本の人に繋がればいいなと思い、日本の局番で、
自分と同じ番号にかけてみたという、心配と応援の電話だったそうです
向こうで沢山の人がpray for Japan!って言っていたそうです

本当に、感動的ですよねー
世界中の人が、今、日本を応援してくれているんですよね

NZの人たちも、まだ、自分達も大変なのに、
いち早く救援隊を送ってくれているし、ありがたいとしか言いようがない

東北地方の方々は、信じられないような状況にさらされていて、
TVを観ているだけでも胸が苦しくなります
こちらでも、あの揺れのショックから、携帯の地震警報が鳴り響く度に
恐怖をおぼえているぐらいです
被災者の方々の恐怖たるや、計り知れません。。。

そして、この惨事の中、懸命に救出活動や情報発信、指揮を取り続けている方達。。。
中には、ご自分のご家族と連絡がついていない方もいらっしゃるかもしれません
本当に頭が下がります
これからが、きっと、大変なんだと思います
二次災害などにも気をつけて、皆さん、どうぞご無事で!!

今、あたし達にできるのは、とりあえず、節電と募金ぐらいです
できることからやって行きましょう!!!

あたしも、先ほど募金しました

あたしがしたのは、コチラ
『フジネットワーク募金』
 みずほ銀行 東京中央支店
 (普通)1775255

世界中が応援してくれているので、
被災地の皆さん、どうか、がんばってください!!!
少しでも多くの命が救われますように。。。
大事な家族、そして、わが子同然のペット達と無事に会えますように。。。

早く皆さんに笑顔がもどりますように、
愛を込めて。

ひっそり募集中。
皆さんは、オラクルカードってご存知かしら??

女子は、こういうの好きだから、あたしのまわりでは、
結構持っている人も多いんだケド、どうかな??

タロットカードに近いんだケド、タロットカードみたいにコワいカードがなくて、
どれもポジティブなカードばかりで構成されてるヤツなのよね

で、あたし、何気にアニマルコミュニケーターなるものを目指しているんですが、
コレは、動物のココロの声を聞いて飼い主さんとかに伝えてあげるお仕事ね

それに、このオラクルカードが、メッセージを聞くよい練習になるというので、
ちょっとやってほしいとかいう勇者をひっそり募集してみようかな、と

今回、オラクルカードのガイドブックに頼らないやり方というのを
ちょっと教えていただいたので、そんなカンジで、
カードの説明文とか若干無視したカンジのオリジナルでやりたいと思います

使うカードは、こちらのユニコーンのオラクルカードです

ユニコ3

絵がコワイのとかなくて、どれもかわいいので買いました
こんなカンジ

ユニコ4

もし、やってみたいという方は、どしどしご応募ください
あ、一応、顔見知りの方に限定させていただきます、ごめんなさい

特に訊きたいコトがなければ、
『今のあなたに必要なメッセージ』というカンジで、リーディングさせていただきます
あ、リーディング結果は、公開とかしないのでご安心を

さぁ!勇者よ、集まれッ!

ご報告。-追記アリ-
特にメール等で個別にお知らせする予定がナイので、
こちらでご報告

本日、1月13日(木)の午前7時頃ですが、
入院中の父が、他界致しました

確か2009年の夏頃に、1回目の脳腫瘍の手術をしました

とてもめずらしいケースのものであることと、
手術中に、そのまま亡くなる危険性もあること、
手術が成功しても、脳なので、
今までのように、会話ができるというか、
父の人格が戻ってくるかわからない、
ただ生きているだけのようになってしまうかもしれない
などと言われました

手術は成功はしましたが、
腫瘍はすべてキレイに取りきれたワケではないので、
寿命は1年以内
1年以内には、必ず再発するだろうとのことでした

数ヶ月の入院生活を終え、一度は社会復帰しましたが、
父の仕事は、車の板金・塗装などであったため、
今までのようには、手足も動かず、判断力や記憶力なども
恐らく鈍っていたので、仕事では人知れず苦労していたのではないかと思います
プロ意識が強かったので、かなり悔しい思いをしたのではないでしょうか

それから、やはり1年ほどして、再発していることがわかり、
2度目の手術

早期発見での手術であったため、期待していましたが、
手術後は、手術前よりいろいろな症状が悪化
寿命も2,3ヶ月と言われました

再発に気づくまでは、普通に生活できていたので、
いっそそのまま再発を知らずに生活していた方が幸せだったのでは??
と何度も思いました

父は、ひとり暮らしであったため、
自宅に戻るには、判断力や記憶力の点などで心配が尽きませんでしたが、
病院でこれ以上は預かれないと出されてしまい、
やむなくひとり暮らしの生活へ戻りました

本人は大丈夫なつもりでも、
仕事を続けるのは、もうムズかしく、
ずっと家にいる生活

話していると大丈夫なようでも、
日常生活・社会生活に対する能力が段々と欠如していって、
毎日のように様子を見に行っても、行く度に、
部屋がおそろしいほど散らかっていました

同じものを何度も何度も買ってきたり、
買ってきた冷凍や冷蔵の食料品をそのまま放置したり、
お料理は好きでよく作っていましたが、
片付けることはまるでできず、キッチンは大変なコトになっていました

そんなある晩、本当に突然おかしくなってしまったようで、
警察沙汰の騒ぎに。。。

でも逆にそのおかげで、また病院に入院することができ、
最初は、まだ再発というワケではなかったので、
施設を探してくださいと言われていたのですが、その間に症状がすすみ、
先生から、もう、こちらで最期を看取らせていただきますと言われました

最初のうちは、いつ帰れるんだろうなんて言っていた父でしたが、
段々と自分の病状についても理解していったようでした

ほぼ毎日、病院に通っているにもかかわらず、
きのうと今日では、驚くほど病状がすすんでしまう父に、
何度となく打ちのめされ、つらい時も山のようにありました

きのうまで、元気に歩き回っていたのに、
次の日の夕方行ったら、もう歩くこともできない
それでも、なんとかトイレには行っていたのに、
その次の日には、トイレすら行けない

あたしだったら、なんで??あたし、どうなっちゃったの??って、
絶対訊いたと思うのに、父は一度も訊いてきませんでした

訊いたらあたしが困ること、悲しむこと、
全部わかっていて、一人で受け入れていたんだと思います

食べるコトが大好きで、入院中もいっぱい食べて太っていた父も
飲み込むコトができなくなって、流動食になってからは、
みるみる痩せていきました

毎日、会社が終わってから夕飯をあげに行っていたのですが、
1時間以上かかっても、まるですすまず。。。

食事中にむせる回数も増えて、1回の食事中に何度となく、
むせて吐き出してしまったものを浴びせられる日々でした。。。

先週の土曜日、流動食ですらまったく飲み込めず、食事をあきらめたのですが、
わずかに入っていたものを何かの拍子に飲み込んでしまったみたいで、
流動食なのに、のどが詰まって、ひきつけを起こしたようになって、
あわてて看護師さんを呼んで吸引してもらいました

そのときに、あぁ、もうダメなんだなーと思いました

思ったとおり、月曜日に行ったときには、食事が点滴にかわっていて、
呼吸すら苦しそうで、その呼吸も、腫瘍が脳幹に影響を及ぼしているせいで、
呼吸機能に影響して、ときどき20?30秒ぐらい呼吸が止まる状態でした

きっと今週、もって来週だなと思っていました

11日に病院から連絡が入り、血圧がさがってきていると言われ、
きのう、12日の夜に、朝までもつかわからないので、
付き添うようでしたらと言われ、姉と2人で車で2時頃病院へ

段々と血圧が下がり、7時頃、呼吸も脈も静かに止まっていき、今に至るワケです

ようやく、長い病院生活に終わりを告げ、
カラダもラクになれてよかった

がんばったね

お互い長い闘いだったね
ほんとにお疲れさまでした

ぐらいしか思うコトもなく、悲しみに暮れるでもなく、
むしろ、共に闘い終えて、清々しいカンジでいます

会えなくなるのは、もちろん寂しいケド、
痛みに苦しむでもなく、静かに逝けてほんとうによかった

最初は手術中に死んでしまうかもと言われて、次は、1年
それから、あと2,3ヶ月と言われ、
更にもって年内と言われていた命でしたが、
無事、年を越し、こうして今日まで生きることができました

十分、快挙!

あたしにできることはすべてしたと思うので、
何の後悔もありません
そうでなければ、こんなブログなんて書いていられません

ちなみに、葬儀らしい葬儀は行わず、
親族のみで火葬だけの予定です

17日(月)の13時に火葬となっています

あたしは、明日から通常通り出社します

今まで、病院が遠かったので、会社帰りに病院に行って、
ごはんをあげて、洗濯して、帰りは22時とかの日々でした

あんなに通っていた習い事も、辞めてしまったり。。。

これからは、また、自分のことにいっぱい時間を使って、
楽しい日々を送ろうと思います
いろいろガマンしてもらったぼっちゃんにもお礼しないとね!

-追記-

あたたかいメッセージをお送りくださった方々、
どうもありがとうございます。

やさしくされると、ついつい弱音を吐いて、
そこからどんどんダメになっていってしまうタイプであることを
自分自身、自覚しておりましたので、先の見えない闘い、
ココで崩れるワケにはいかないと、敢えてそうしてきませんでした。

家族のゴタゴタもあるので、まったく知らせておらず、
コレを見て驚いた方も多々いるでしょう。

そんなあたしに、友達甲斐がないと、淋しく思っていた方、
コレを読んで、そう思った方もいらっしゃったと思います。

でも、いつもお気持ちだけは、ありがたくいただいており、
たくさん励まされてきました。

本当にありがとうございました。

今もご心配いただいていることと思いますが、
今は、上にも書いたように、悲しみに暮れているワケでもなく、
本当に元気なので、ご心配なく!

また、落ち着いたら遊んでください。
そのときは、おごってくれていいよ。うひひ。^^
Copyright © Caramel-Chocolat. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。