スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pray for Japan!!
地震発生から、今、約48時間。。。
本当にこんなコトが起こるなんて、夢にも思いませんでした

地震発生時は、あたしは、12Fにある、銀座のオフィスにいました
いち早く、地震には気づいたのですが、一向に揺れがおさまらず、
どんどん揺れは増す一方
最後には、円を描くような揺れになり、椅子に座っていても動いてしまいそうに
なるぐらいの大きな揺れになりました

この一回目の揺れの後、オフィスの窓から、お台場方面に肉眼で、
ものすごい量の黒煙を確認することができ、大変なコトが起こったんだと、そのとき実感しました
すぐに、速報で、それが、東京テレコムセンタービル付近の火災だということを知りました

その後も、余震がものすごく、今までもTVで、大地震のあとに、『余震が続いている』などの
報道を観ていましたが、こんなにも余震がすごいものだとは、想像もしていませんでした

心配なのは、家に残してきたぼっちゃん。。。
わが家の食器棚は、地震用のストッパーなどがついているものではないので、
きっと、食器が全部落ちて、破片だらけになって、それを踏んでケガをしているのではないか、
どこかの隅でおびえて震えているのではないかなどと心配は尽きませんでした

夕方になり、終業時間になったものの、電車は不通

会社で、ハイヤーを手配しようと、連絡をしてくれましたが、
電話がなかなかつながらず、ようやくつながっても、出払っていて、
信号もダメになっていて、渋滞がひどく戻ってこれないとの返事

どうしても帰りたければ、歩いて帰るしか道はなさそうでした

とりあえず、電車の運転再開を待つにしても、歩いて帰るにしても
何か食べておいた方がいいだろうと、車が確保されていて、すぐにでも帰ることができるのに、
社長が提案してくれて、そのまま歩いて、別会社で経営しているお鮨屋さんへ行くことに

12Fから1Fへ降りるのも一苦労
特にうちのビルは、天井を高く取ってあるので、階数の割りに高さがあるのです

外に出ると、家まで徒歩で帰ろうとする人たちが大勢行き交っていて、異様な光景でした
コンビニの食料品はほとんど売り切れてしまって、閉店するお店も

お鮨屋さんは、キャンセルでガラガラかと思いきや、
徒歩帰宅中の団体さんなどが入ったりして、意外とにぎわっていました

食事の後、再び12Fまで階段をのぼって、オフィスに戻り、
交通情報などを確認したものの、未だ不通

ひとまず、社長車に同乗して、そのまま社長のお宅に泊まってもいいと言って頂いたのですが、
乗る寸前に、なぜか、駅に行った方がいいような気がして、止められたものの、
あたし一人、そこでみんなを見送り、新橋駅へ向かう

駅に着くと、通路はたくさんの人であふれかえっていて、
ホームレスさながらに、新聞などを敷いて座り込んでいる人たちが大勢いて、
これは、一人、駅に向かったのは失敗だったかもしれない。。。と、心細く思いながら
浅草線へと向かうと、なんと、浅草線は改札のシャッターを閉めていて、
一瞬、途方に暮れてしまった。。。

ところが、よくよく見れば一箇所だけ、シャッターが開いていて、
沢山の人がいたにもかかわらず、なぜか、スーッと入れてしまった!
そして、そのまま、人は大勢いるのに、ホームまでスムーズに行くことができ、
たまたま来た電車に乗り込むことができて、しかも座ることまでできてしまった!!!

電車は、その後も、ほぼ普段どおりに進んで行き、大して遅れることもなく、
最寄り駅へ到着!!

奇跡!!!

そして、マンションに辿り着くと、やはりエレベータは動いておらず、
階段をのぼって、部屋に行き、玄関を開けると、
いつも通りぼっちゃんが、走り出てきました!

足など確認してもケガをしてる様子もなく、怯えている様子もなく、
いつもと同じぼっちゃんの様子に、心から安心しました

家には、花瓶などいくつか置いていたし、食器棚も先述の通りなので、
覚悟を決めて部屋に入ったのですが、花瓶の水すらこぼれていない状態

本当に、奇跡!!!
心から、サポートしてくれたすべてのものに感謝しました。。。

あたしの地震当日は、こんなカンジでした

今回、ものすごくやっていて良かったと思ったのは、twitterです
電話もメールもつながらない中、いち早く、友人達の安否を確認でき、
たくさんの情報も入ってきました

揺れが続いて心細い中、友人達とtwitterで会話して、励ましあえるというのは、
本当に心強く、何度もお互いの存在に感謝し合いました

さらに、日本国内はもちろん、海外の方からの励ましの声も聞け、
節電運動などの呼びかけもあったり、阪神大震災の被災者の方などから、
的確なアドバイスがあったり、募金の呼びかけがあったりと、
みんなが一丸となって、この状況に立ち向かっているのがわかりました

時々、こんなことがありましたという、心あたたまるエピソードがあって、
思わず、感動でもらい泣きしてしまいます

知らない番号の国際電話が、何度も何度もかかってきているので、
最初は取らずにいたけれど、出てみたら、
誰か日本の人に繋がればいいなと思い、日本の局番で、
自分と同じ番号にかけてみたという、心配と応援の電話だったそうです
向こうで沢山の人がpray for Japan!って言っていたそうです

本当に、感動的ですよねー
世界中の人が、今、日本を応援してくれているんですよね

NZの人たちも、まだ、自分達も大変なのに、
いち早く救援隊を送ってくれているし、ありがたいとしか言いようがない

東北地方の方々は、信じられないような状況にさらされていて、
TVを観ているだけでも胸が苦しくなります
こちらでも、あの揺れのショックから、携帯の地震警報が鳴り響く度に
恐怖をおぼえているぐらいです
被災者の方々の恐怖たるや、計り知れません。。。

そして、この惨事の中、懸命に救出活動や情報発信、指揮を取り続けている方達。。。
中には、ご自分のご家族と連絡がついていない方もいらっしゃるかもしれません
本当に頭が下がります
これからが、きっと、大変なんだと思います
二次災害などにも気をつけて、皆さん、どうぞご無事で!!

今、あたし達にできるのは、とりあえず、節電と募金ぐらいです
できることからやって行きましょう!!!

あたしも、先ほど募金しました

あたしがしたのは、コチラ
『フジネットワーク募金』
 みずほ銀行 東京中央支店
 (普通)1775255

世界中が応援してくれているので、
被災地の皆さん、どうか、がんばってください!!!
少しでも多くの命が救われますように。。。
大事な家族、そして、わが子同然のペット達と無事に会えますように。。。

早く皆さんに笑顔がもどりますように、
愛を込めて。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © Caramel-Chocolat. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。